胃カメラ 大腸カメラ 内視鏡検査 | 大阪市北区天神橋の内科・消化器内科 医療法人 佐藤内科クリニック

ホーム > 内視鏡検査 > 胃カメラ

胃カメラ(胃内視鏡検査)

内視鏡検査は、直接病巣をさがすことができ、写真やビデオ画像による観察、顕微鏡で病気を診断するために必要な組織採取などが行えます。

おなかに不安を感じた時や、定期的に内視鏡検査を受けることで、病気の早期発見につながります。

完全無痛の胃カメラ

胃カメラ検査

胃カメラというと「オエッとなるのでは?」とか「苦しいんじゃない?」とイメージされる方もいらっしゃると思います。
これは、口から入れる胃カメラが、カメラの管が喉を通るときに舌の付け根やのどちんこにあたり、咽頭反射がおこるためです。

佐藤内科クリニックでは、静脈麻酔をかけ胃カメラ検査を実施しますので、咽頭反射はおこりません。眠っている間に検査が終了します。

麻酔をご希望でなくオエッとなるのが嫌な方には、鼻から入れる経鼻内視鏡で検査を行います。

胃内視鏡検査の流れ

検査の前日

  • 夕食は軽めに

検査当日

  • 検査の6時間前から飲食は禁止
  • 飲み水はOK

検査の流れ(経口内視鏡)

  • 問診(事前チェック)
  • 消泡液を飲みます。
  • 静脈麻酔をかけます。
  • 検査します。(検査は眠っている間に5分で終了します)
  • 検査が終わったら個室で少し休んで下さい。

検査後

  • 検査当日は車の運転はお控えください。
  • 飲食は1時間後から可能です。
  • 激しい運動は避けてください。

検査結果について

  • 当日、検査結果をご説明します。

胃カメラについてのよくある質問

Q.予約は必要ですか?
A.予約なしでも検査は受けられますが、予約の方がいらっしゃる場合は、予約優先となります。
Q.費用はいくらぐらいかかりますか?
A.費用についてはこちらをご覧ください。
Q.時間はどのくらいかかりますか?
A.1時間くらいです。(検査は5分です)

内視鏡検査のページへ