胃カメラ 大腸カメラ 内視鏡検査 | 大阪市北区天神橋の内科・消化器内科 医療法人 佐藤内科クリニック

ホーム > 内視鏡検査

胃カメラ 大腸カメラ(内視鏡検査)完全無痛

がん治療で最も大切なことは、「早期発見・早期治療」です。当院2Fに内視鏡センターを開設して、万全の検査体制を整えています。

内視鏡センター

女性でも安心。
完全個室で大腸内視鏡前処置可能です。

佐藤内科クリニックの内視鏡検査

苦痛の軽減を目指した麻酔を使った楽な内視鏡検査

静脈麻酔をかけ胃カメラ検査を実施しますので、咽頭反射はおこりません。眠っている間に検査が終了します。

検査前の十分な説明

胃カメラ、大腸カメラの検査・治療には、検査を受けて頂く方の不安や疑問を検査前に十分説明し、ご納得頂くまで対応します。なんなりとご質問ください。
※胃カメラは当日の検査にも対応しています。
※土曜日も大腸カメラが可能です。

最新の医療機器と、確かな技術

日進月歩する内視鏡領域において、当クリニックでは最新の内視鏡機器をもって、皆さんの検査治療にあたっています。
胃カメラ・大腸カメラともに、少量の麻酔を使った苦痛のない楽な検査を行います。
もちろん鼻カメラも完備しています。

最新のデジタルビュアー

検査で撮影した内視鏡画像は、最新のデジタルビュアーで皆さんにご覧いただきます。病気の変化が鮮やかに写しだされます。

完全個室のリカバリールーム

佐藤内科クリニックでは、検査前(大腸カメラの場合)・検査後は個室で過ごしていただけるので、ゆったりとおちついて検査が受けられます。

胃カメラ

胃カメラ検査

経口内視鏡(口から入れる胃カメラ)、経鼻内視鏡(鼻から入れる楽な胃カメラ)をご用意しております。患者様とコミュニケーションをはかりながら安心して検査ができます。

ご希望の場合、麻酔をかけ熟睡されたままで一切嘔吐反射のない検査も致します。

胃カメラについて詳しくはこちら→

大腸カメラ

大腸カメラ検査

大腸がんは比較的おとなしい性質のがんが多く、早期発見によりかなりの高確率で治ります。ただし、便の観察により患者様ご自身で発見することは難しく、目で見て血便だとわかる状態は、ある程度がんが進行した状態です。

大腸がんの早期発見には、定期的に年一度、大腸カメラによる検査を受けることが大切です。当院では、高性能カメラと麻酔を使用することにより、一切苦痛のない検査を行っております。

大腸カメラについて詳しくはこちら→

大腸ポリープの日帰り手術

検査と同時に日帰り手術も可能です。

当クリニックでは、大腸カメラ検査でポリープを発見した場合、患者様の同意の上で痛みのないポリープ手術を行います。内視鏡で完全に取りきれていれば、日帰りで治療が終了します。このような内視鏡による治療は、早期がんの治療に大きな成果をあげています。

大腸ポリープ切除術について詳しくはこちら→